大勢の中の2人

?2人はもちろん仲良くしていましたがその周りには何時だって大勢の人がいました。 明るくリーダーの素質があった彼はいつも輪の中心にいました。 私の役回りとしては周りの空気を和ませるような役回りであったと思います(苦笑) 趣味の仲間からすると「何時も沢山の人と遊ぶのが大好きな2人」そう思われていたようです。 実際に、プライベートにおいても、彼も私も大勢の人たちと飲みに行くことも多かったですし。 しかしある日のこと。 彼は私が1人の時を見計らうようにやってきました。 そして「今度一緒に出かけないか?」そういうのです。 私は「2人で?」と驚いて聞いてしまいました。 長い付き合いの中で初めて2人きりで出かけることになったのです。 当日、妙に彼と会うのが恥ずかしくてドキドキしたのを覚えています。 初めて彼のことを異性として意識した瞬間であったような気がします。 周りに2人であっていることは特に話しもしませんでした。 けれど2人はどんどん「2人きり」での時間を過ごすようになり、その末にお付き合いすることとなったのです。

であいけいサイトで出会った女性にお説教された

無料出会い系サイトで登録しているサイトにどういう女性がいるのでしょう。ちょっと興味がありますよね。 そこでプロフィルを閲覧しました。 顔写真が載って女性だったのですが、結構出会い系サイト的でないクールな美人でした。ぼくの好みだったのですぐにアタックメールを送りました。 どんなメールがいいのか、僕なりに勉強し、ちょっと時間をかけてメールを書き上げました。 すると、その努力のかいがあったのか、返信が来たのです。そのときはさすがに出会い系では会えるのか疑っていたので、嬉しい気持ちになりました。 僕の場合、特に彼女という決まった女性がいたわけでなかったのですが、彼女と呼べる女性がいてもいいなと思い出したために出会い系サイトを利用してみたわけです。 そして、メールの付き合いが始まりました。早く会いたいという気持ちはもちろんありましたが、それを焦っては駄目だということをみんな言っているので、焦らないようにしていました。 すると1カ月ぐらいたったときに、彼女の方から、なぜ出会いを誘ってくれないのかということを言われたのです。 そこで、女性にあまり合うことを強制しては悪いと思ったので、誘いませんでしたというような内容のメールを送りました。 それには彼女も遠慮にもほどがあるという感じのメールをもらってしまいました。そこですぐにデートをしようということになりましたが、彼女としてはそうとうあきれていたようで会ってから結構いやみを言われてしまいました。

Not found

Sorry, but you are looking for something that isn't here.